借金返済相談の相場

借金返済についての弁護士相談料金の相場はどのくらいなのでしょうか。弁護士と聞くと相談料金が高そうで不安な方が多いと思われますが、弁護士の相談料金そのものはおおむねどの弁護士事務所でも同様となっています。初回相談料は、「30分、5,400円(税込み)」が相場です。後は、相談内容や時間に応じて加算される点は同じです。事務所によっては初回相談料は無料とし、以後加算とすることもあるようです。詳細は、料金表を見せてもらいましょう。

初回相談を終えて、正式に、債務整理や過払い金返済などの業務を依頼するときは、弁護士事務所と契約を結びます。そこでは着手金、報奨金、手数料、日当などが発生することが定められます。基本的には、日本弁護士協会の報酬規程がベースですが、案件の種類や難易度によって差があるのが普通ですが、自己破産や債務整理相談の場合は初回相談料も無料とする弁護士事務所も珍しくないようです。

このような種類の相談の場合、弁護士事務所に相談するほか、都道府県などの自治体や法務省などが設置する法テラスなど公的機関主催の無料相談を活用するのもお勧めです。本格的な争いや法的手続きに移行する場合は、弁護士費用を支払うことになります。懐具合に応じ、戻ってきた過払い金のうち何割かといった形で、事情に応じた支払いに応じてくれることが一般的ですので、相談するとよいでしょう。

借金返済相談で解決できること

借金返済相談で解決できることは、たくさんあります。相談料を払えるかどうか心配でも最初は無料ですし、それ以降の弁護士費用を払うお金がない場合でも、取り戻せる可能性が高い案件ならば、返還された過払い金の中から一定割合を弁護士報酬として支払う契約も可能です。

解決できることの第一は、借金総額の減額です。債務者の諸事情をしっかり調べて裁判所や債権者と交渉し減額を実現するとともに、生活実態に応じた返済計画の策定も手伝ってくれます。これで元通りの生活に戻ることができます。第二は、金利の減額です。消費者金融などでの借り入れ総額が大きいと金利負担も相当なものとなります。銀行ローンと違い、どうしても二けたの金利になることが多く、ここの減額も弁護士の腕の見せ所です。

第三は、生活の立て直しです。債務整理の種類によっては所有財産の処分が必要になることもありますが、これが生活に欠かせないものだと債務整理後の生活が苦しくなることも考えられます。例えば自動車を手放すと仕事に支障が生じたり、就職活動も不利になります。このままだと再び借金を重ねる事にもなりかねません。債権者と交渉し、このようなことがないようにするのも、弁護士の大切な仕事です。

借金返済に困ったらまず弁護士へ

借金返済に行き詰ったら、まず弁護士に相談しましょう。債務整理についてのプロとしてあらゆる相談に乗ってくれるはずです。弁護士に相談して、どうやって債務整理をするか、苦しい生活から抜け出す方法を見つけましょう。

主に債務整理には三つの方法があります。任意整理、個人再生、自己破産です。任意整理とは借金総額を減らし、毎月の返済額も減らし、金利も減らすという整理方法です。返済期限を長くすることによって、借金返済はかなり楽になります。また金利の過払い金が発生していた場合は、払いすぎたお金が戻ってくる可能性があり、弁護士が貸金業者に交渉し取り戻してくれます。個人再生は裁判所に借金返済困難と認められたうえで借金総額を減らし、3年間で分割返済する方法で、5分の1から場合によっては10分の1程度になることもあります。自己破産は借金が全部免除される方法です。裁判所に返済できないと認められると借金を返す必要はなくなりますが、住宅や自動車などの私有財産を持っていれば没収されます。このほか特定調停という方法もあります。裁判所で調停委員の前で弁護士同席のもと、債権者と債務減額等について交渉します。

借金問題に詳しい弁護士は、こういった方法にも詳しいですし、債権者との交渉にも習熟しています。一人で抱え込むことなく、まずは相談することが大切です。テレビCMやインターネット広告、あるいは弁護士事務所のウェブサイトをチェックし、どんなサービスが受けられるか慎重に調べましょう。自治体などの公的機関の無料相談を利用するのも有効です。