ホーム » 未分類 » 借金返済に困ったらまず弁護士へ

借金返済に困ったらまず弁護士へ

借金返済に行き詰ったら、まず弁護士に相談しましょう。債務整理についてのプロとしてあらゆる相談に乗ってくれるはずです。弁護士に相談して、どうやって債務整理をするか、苦しい生活から抜け出す方法を見つけましょう。

主に債務整理には三つの方法があります。任意整理、個人再生、自己破産です。任意整理とは借金総額を減らし、毎月の返済額も減らし、金利も減らすという整理方法です。返済期限を長くすることによって、借金返済はかなり楽になります。また金利の過払い金が発生していた場合は、払いすぎたお金が戻ってくる可能性があり、弁護士が貸金業者に交渉し取り戻してくれます。個人再生は裁判所に借金返済困難と認められたうえで借金総額を減らし、3年間で分割返済する方法で、5分の1から場合によっては10分の1程度になることもあります。自己破産は借金が全部免除される方法です。裁判所に返済できないと認められると借金を返す必要はなくなりますが、住宅や自動車などの私有財産を持っていれば没収されます。このほか特定調停という方法もあります。裁判所で調停委員の前で弁護士同席のもと、債権者と債務減額等について交渉します。

借金問題に詳しい弁護士は、こういった方法にも詳しいですし、債権者との交渉にも習熟しています。一人で抱え込むことなく、まずは相談することが大切です。テレビCMやインターネット広告、あるいは弁護士事務所のウェブサイトをチェックし、どんなサービスが受けられるか慎重に調べましょう。自治体などの公的機関の無料相談を利用するのも有効です。